BL

赤のテアトルのネタバレと感想|無料の試し読みはこちら

待ちに待った緒川千世先生の新刊が出ましたね(数か月前のことですが)!
出るだけでテンションの上がる作家さんです!

タイトルは『赤のテアトル』!
自分は信者なので(真顔)、
電子書籍サイトでバナーを見た瞬間ほとんど自動的にポチってました!

当然のようにおもしろいし。
当然のごとくランキングも上位をキープしていましたね。
感想もたくさんあがっています!

もう自分もネタバレを書いていく、というより、
感想を書きたくて仕方がない感じでしたw

とはいえ、どんな内容なのか確かめてから買いたい、
タイトルを聞いたけどどんな感じか確かめたいという人もいるでしょう。
なので中身を紹介していきますよ~!!!

赤のテアトルのネタバレ

さて。まず舞台は海外です。
緒川さんのBLで海外が舞台なのって珍しいですよね。

いつも日本の高校生とかよくある設定で
斬新な関係性(邪気時々無邪気)で魅せてくれる人ですもんね!

とはいえ、今回も緒川ワールドは全開です!

主人公は高級シューズブランド「アバルキン」の若き社長、ユーリと、
彼の側にいる謎多き東洋人、アダム。

ユーリは社長兼デザイナーを名乗っていて、
とても綺麗な容姿をしていてテレビにも良く露出する気鋭の新人です。

しかしその裏ではたくさんの顧客に体を売って、
アバルキンの広告の確約をとっています。

自らの靴のためにそこまでしている……、というわけではありません。

実は本当に靴をデザインしているのはアダムなんです!!

アダムは先代の社長であるユーリの母親に見いだされてやってきた若者で、
ゴーストデザイナーだったのです。
そして彼は先代が死んだときアバルキンを去ろうとしました。

しかしユーリは彼と彼の作る靴に惚れていました。
なんでもするからぼくに君の靴をはかせてくれ!
ぼくのために靴を作り続けてくれ!!(←脳内変換)とすがります。

そしてアダムはユーリを利用します。

自らのデザインした靴を最高のブランディングで、
しかも最高の広告を打った状態で売るための策として、
自らはゴーストのまま、ユーリを表にも裏にも立たせて躍らせるのです。

『赤のテアトル』のテアトルとは劇場の意味らしいですから、
きっとそのことを言ってるのだと思われ。。。

ユーリもまた、靴のように、
アダムのデザインした作品なのでした。。。

好きな人のためにどこまでも尽くす麗人と、
自らの野望のために他人を平然と利用する冷血漢。
噛み合わない二人。向かい合わない矢印。

しかし……?

アバルキンのとある発表会。
いつものように表舞台で光を浴びているユーリ。それを遠くから眺めているアダム。
そこへ、察しの鋭そうなとある紳士がアダムに近づき話しかけてきます。

彼曰く、最近のアバルキンはまるで、
「女性(ユーリ)を縛り付けたいという歪んだ男(アダム)の欲望を具現して
自分のものだと見せびらかしているかのようだ」
(カッコは脳内変換ですw)

ユーリの単なる付き人としてそこにいるにすぎないアダムは、
笑顔を浮かべてやり過ごすかと思いきや、
相手のわからないだろうベトナム語(?)で短くつぶやきます。
「うるせぇ、黙ってろ爺」

ふぁあああああああああああああああああ!
はい。自分はここで本当にぞくぞくしました。

いや~!! 本当に緒川さんの描くカップルは
とんでもないやつらばっかりだぜ!!!(じゅるり)

さぁ! 歪んだ愛情表現としてユーリを躍らせ続けるアダム、
精神ぶっこわれながらアダムの言うことを聞いて操り人形になってるユーリ、
この二人はど~なっていっちゃうんでしょうね(満面の笑み)!!!

ネタバレは~ここまでっ!

赤のテアトルの感想

それでは感想!

はぁ。。。緒川先生ってどうしてこんなにグッとくるカップルばっかり作れるんでしょうね。
ほんと定期的に緒川成分を摂取しないと生きていけない感じになりつつあります。

舞台が外国だとなんか話見えにくくなったりよくわかんなくなったりするんですけど
緒川さんのBLだとカップルの関係が独特すぎて
結局「緒川ワールド」!!!! って感じでめっちゃ引き込まれます。

かえって珍しい世界観で新鮮さが増してて
ポイント高かった説までありますよ。。。

ちなみに今回の受けのユーリくんは
緒川ワールドの中の受けの中でもとびっきりの純情くんですw
これまでにお相手してきた人数とか関係ないです。

お仕事(意味深)のときはかなり頑張ってるんですけど
アダムと二人きりのときは気を抜いて普通の男の子になります。

気を抜いてふつーの表情になるし、
酔っぱらったらなんか歌い出したりします。
客の前でがんばっているときとのギャップがすごいです。

最終的にアダムは策士策に溺れるんですけど(ネタバレw)、
もうそのときのユーリちゃんはどろどろのデレデレですw

毒々しいけどめっちゃ甘々です。

あ、そう! 毒々しいけどめっちゃ甘々なんです!
なんかすごくしっくりくる言い方見つけた!w

というわけで『赤のテアトル』でしたっ!

無料の試し読みはこちら(eBookJapan公式サイト)

※大手電子書籍サイトでとても安心して使用できるサイトです。
探してみた所こちらの試し読みが一番読めました!

関連記事

  1. BL

    恋まで百輪のネタバレと感想!|無料の試し読みはこちら|

    今回は雨隠ギドさんの『恋まで百輪』のネタバレと感想を書いてきます!…

  2. BL

    狂い鳴くのは僕の番4巻のネタバレと感想!|無料の試し読みはこちら|

    主人公の高羽と烏丸の仲が進展しはじめた『狂い鳴くのは僕の番』も4巻…

  3. BL

    花と純潔のネタバレと感想|無料の試し読みはこちら

    今回は桂小町先生の『花と純潔』のネタバレと感想を紹介していきますよ!…

  4. BL

    狂い鳴くのは僕の番5巻のネタバレと感想!|無料の試し読みはこちら|

    『狂い鳴くのは僕の番』も5巻、いよいよ一番盛り上がるとこです!…

  5. BL

    ロマンティック上等のネタバレと感想|無料の試し読みはこちら

    最近はオメガパースっていう設定ものがとても流行ってますよね!な…

  6. BL

    ねこかぶりねこのネタバレと感想!|無料の試し読みはこちら|

    d今回感想を紹介する『ねこかぶりねこ』は絵柄がかわいくて、自分みた…

人気記事はこちら

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP