漫画

げんしけん1巻のネタバレと感想!オタクたちの青春ライフに共感する漫画w

げんしけん=現視研。
ん?わからない??現代視覚文化研究会ですよ!
いや~。これだから素人はw

なんてことはありません。
僕自身、完全にこの漫画を読んで知りました。
ていうか、この漫画限定の用語かな?

物語の舞台はとある大学。
新入生の主人公『笹原 完士(ささはら かんじ)』
がオタクっぽいサークルに入りたいな!
なんて思ってサークル勧誘を物色するところからスタート。

まだ素人でPCすら持っていません。
まあこれは時代設定が若干古いかもしれない。
2000年代初頭の漫画作品ですね!
ではネタバレいきましょう。

げんしけん1巻の試し読み

電子書籍を使わないと、月間でいくら損するかあなたは知っていますか?
まずは無料の立ち読みから試してみてください!
『げんしけん』1巻の試し読みはこちら

『げんしけん』1巻の試し読みはこちら

げんしけん1巻のネタバレ!

5~6人がたむろするオタクサークルへ
入会することになる主人公はある意気込みを持っています。
それはまあ、オタクになることなんですが、
大学に入学したてのかれはまだまだ素人。

PCも持っていなければ、薄い本も1冊も持っていません。
そんな彼がなんでオタクになろうと思ったのかは
わかりませんが、何かひかれるものがあったんでしょうw

わかります。

そんな彼が意気揚々と?オタクにそまていき、
コミケなどのイベントなどに参加していくっていうのが
メインのストーリ。

でも面白いのは、ぜんっぜんオタクじゃないヒロイン
の『春日部 咲(かすかべ さき)』が、げんしけんに顔を
出すからなんでよね!

げんしけん咲の画像

※げんしけん1巻より引用

つっこみが激しいというか、完全に殴るw
でもってオタク趣味が好きでなかく・・・
というか嫌悪しています。一般的な女性の反応です。

そんな彼女がなぜげんしけんに関わるのか?
それは彼氏であるイケメン彼氏がげんしけんに入会するから
なんですよね~。

ちなみに、その彼、主人公とは友だちになるのですが、
大学入学時点で部屋の中はオタクグッズで足の踏み場もないくらい
なんていうサラブレッド。
さらにガチゲーマーで先輩たちでもまったくかないません。

春日部さんは彼のオタク趣味をやめさせたいのですが、
なかなかうまくいきません。
まあ、そりゃそうだw
そんなこんなで、大学生活(オタクライフ)を楽しんでいく。
そんな漫画です。

個人的に最高なのは、そんな春日部さんが、
物語が進むにつれて、しだいにオタク趣味に理解を
示していくってところ。最高っす。

げんしけん1巻の感想

イケメンガチゲーマーを除いて、
登場するオタクとか、げんしけんのメンバーたちが
やたらリアルなんですよね!
まさにオタク!

共感できる部分もかなり多いし、
もやしもんてきな楽しさもあります。
コミケの様子だったり、部室に薄い本が
保管されていたり・・・

おおおお!!
なんていう展開とかラブコメ要素はあまり
ないのですが、スラスラ読めてほのぼのした気分になります。

ちなみに、絵柄はリアル志向で背景がかなり書き込まれています。
オタク部屋のごちゃごちゃした雰囲気がリアルに描写されている
ところなんかは感動ものです。

ちらっと思った感想が、
オタクライフってこんなんだよって
教えてくれるような入門書的な雰囲気を感じました。

オタクになりきれないあなたにオススメの1冊かも!

関連記事

  1. クズの本懐2巻表紙

    漫画

    クズの本懐2巻のネタバレと感想!えっちゃんが堕ちていく?

    クズの本懐2巻のネタバレ書いていきますね!2巻ではやっぱりえっちゃ…

  2. 漫画

    骨が腐るまでの2巻のあらすじと感想|無料の試し読みはこちら

    最近話題の骨が腐るまでの2巻を読みましたので、あらすじと感想を書いてい…

  3. 漫画

    囀る鳥は羽ばたかない2巻のあらすじと感想!冒頭、百目鬼が警官のコスプレ・・・

    今回は『囀る鳥は羽ばたかない』二巻のあらすじと感想を書いていきます! …

  4. クズの本懐1巻の表紙

    漫画

    クズの本懐1巻のネタバレと感想!あの名言がいきなり登場?

    クズの本懐って漫画を知らない人でも、わりと知っている名言・・・…

  5. 漫画

    エデンの檻2巻のネタバレと感想!|無料の試し読みはこちら|

    仲間たちと離れてジャングルへ入ったアキラが何者かに襲撃を受ける、と…

  6. 漫画

    小林さんちのメイドラゴン1巻のネタバレと感想!これ、あれだ萌漫画だッ!

    クール教信者といえば『チチチチ』ですよね~。知る人ぞ知る名作って感…

人気記事はこちら

カテゴリー

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP