BL

地獄行きバスのネタバレと感想!|無料の試し読みはこちら|

さて、『地獄行きバス』に乗りましょう!

……はい。
意味不明ですね。すみません。
今回ネタバレと感想を書くのは
『地獄行きバス』というタイトルのコミックです!

作者は明治カナ子さん。
自分的には『坂の上の魔法使い』のイメージが強いです。
ボーイズラブには珍しいファンタジーでのおもしろいやつです。

感想やレビューがかなり集まってて太鼓判が押されてますね!
そっちもおすすめです!

で、こっちの『地獄行きバス』はファンタジーじゃなくて現代のお話です。
地獄って何? 怖い話? と気になりますが
結構笑えてなごむお話です。

そういうシーンはそこそこあるけど
そこまでエロくはないかな? 自分の感覚マヒってるかもですけどw

どっちかっていうと、お話の掘り下げが結構深くて、
予想外な感じがあるのがおもしろいですかね~。

あと、ちょっとタイトルで損してる感が否めないですw

地獄行きバスの試し読み

地獄行きバス
地獄行きバスの試し読みはこちら

あらすじ
恋の終わらせ方は人それぞれ。さて、このふたりの場合は――?「6月に同僚と結婚する」突然、同棲中の修から結婚報告されたカンちゃん。別れを切り出すと、修はカンちゃんと別れるつもりはないと言い出す。どうしても別れたいならば…と修がカンちゃんに出してきた条件は『一週間、ふたりで旅行に行く』だった――。この幸せが消える前に何度も何度も愛し合おう。感受性豊かな登場人物たちが織り成す大人気シリーズを収録!!

※http://www.ebookjapan.jp/ebj/132934/volume1/より引用

地獄行きバスのネタバレ

それではネタバレを見ていきます!

主人公の寛(男)は恋人の修(男)と最後の旅行に来ています。

修は今度結婚するのだそうです。
だから二人は別れることになったのですが、
修は最後に一緒に旅行へ行ってくれなきゃ別れないと言い出したのです。
しかも修は終始お気楽そうにへらへらしています。

ま さ に 地 獄 。

だからこその『地獄行きバス』。
すごいネーミングだけど、それ聞くとなるほど、って感じですね。

寛はもう嫌で嫌で、
修なんてクソだと思っていたら……?

なんとなく想像がつくかもしれませんがその想像の通りです。
結局はハッピーエンドですよ~w
ただ、修のキャラがお気楽すぎて予想の斜め上いってて結構笑えますw

ちなみにこのカップルの話が四つくらい続きます。
なんかキャラが立ってて、やり取りを見てるだけでいい感じです。

寛は服のバイヤーをやってて、
自分でも服が大好きなんですね~。もう物欲まみれですw
しかもわがままで神経質。

それに対して修は物欲がなくて楽天的。
ちょっと意外な過去も持っています。

ちぐはぐな二人なんですけど
いろんな意味で相性がよくて二人でいると幸せなんですね。

さて。ちなみにこのコミックにはもう一つお話が入っていて、
それは『夜の女王』っていうやつです。
こっちもいい感じのやつなのでネタバレしていきましょう。

主人公の貴志はゲイで、いとこの輝に執着しています。
アブない人ですw

でも自分でもそれはまずいと分かっているので、
ヒラという人を家に連れ込んで身代わりにしてます。

ちなみにヒラはそういう仕事をしている人なので、貴志はお金を払っていて、
それで話はついています。という話だったんですが。。。

自分、これ読んでてこの時点では、
親戚という壁を乗り越えて
貴志と輝がくっつくのかなと思っていました。

でもヒラが自分に本気で好意を抱きつつあることとか、
実は年を偽ってバイトしている高校生だったということが分かったりして、
話がねじれはじめます。

そして貴志の中で、
性的な枕(意味不明)としか見ていなかったヒラのことを
考える時間が増えていきます。

血迷った貴志は試しに輝を押し倒してみますが(鬼畜)
それはそれで特に何も起きませんでしたw

あれ? 自分が本当に好きなのは誰やねん?
ってなって。

しかしヒラはヒラで貴志の前から姿を消して……? というお話。
お話の転がり方に意外な感じがあって自分は好きでした!

地獄行きバスの感想

それじゃ感想なんですけど、
この作者さんは無邪気なキャラを書くのが上手なんですよね~。

子供っていうか。
純粋っていうか。
無邪気かわいい? っていう感じの。

このコミックでも寛とか、
ヒラくんとか輝とかにそういう面があって、
結構グッときました。

無邪気かわいいってそれなりに汎用性が高い(?)気がしますから
他のBLでも描かれてそうなものですけど、
あんまり読んだことない感じの新鮮さがあるんですよね~。

あとは意外性かな!
さっきも書いたんですけど掘り下げが独特です。

物欲がない、っていうのも、
単にそういう性格として描くんじゃなくて、
ちょっと独特な過去として描いたりします。

えぇ、そう来るの!? って驚かされることがあります。

『夜の女王』の方でも、
最初は引き立て役っぽかったヒラくんのキャラが
めきめき立っていくので、ほぉ? ってなります。

そんな感じなので、
タイトルから敬遠されちゃいそうですけど
全然おもしろくておすすめのやつですよ!

関連記事

  1. BL

    今日も月が綺麗のネタバレと感想!|無料の試し読みはこちら|

    木下けい子さんは独特な雰囲気のある作家さんですね!絵もお話もあ…

  2. BL

    テンカウント1巻のネタバレと感想!曝露反応妨害法??

    宝井理人先生の大人気作!テンカウント1巻をご紹介します。テ…

  3. BL

    テンカウント3巻のネタバレと感想!

    巻を増すごとに表紙の描写が過激になってきている気がするのはきっ…

  4. BL

    二度目の恋のネタバレと感想!|無料の試し読みはこちら|

    今回は山田ロックさんの『二度目の恋』のネタバレと感想です!絵柄…

  5. BL

    恋まで百輪のネタバレと感想!|無料の試し読みはこちら|

    今回は雨隠ギドさんの『恋まで百輪』のネタバレと感想を書いてきます!…

  6. BL

    狂い鳴くのは僕の番6巻のネタバレと感想!|無料の試し読みはこちら|

    とてつもないエロさで衝撃を与えた『狂い鳴くのは僕の番』もとうとう最…

人気記事はこちら

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP